« MSと富士ゼロックス、「Vista」利用の文書管理システム開発で協業 | トップページ | 携帯、レンジ…電波の危険性、総務省「証拠なし」 »

2007年4月 5日 (木)

エタノール混合ガソリン、27日から試験販売

『石油元売り会社などで組織する石油連盟は、植物からつくられる

バイオエタノールを混ぜたガソリンの試験販売を今月27日から首

都圏で始める。世界規模で地球温暖化が進行するなかで、温室効

果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出を抑制するのが狙い。当

初は今夏の実施予定だったが前倒しする。バイオエタノールを加

工した添加物「ETBE」を積載したタンカーは7日にもフランスから

到着する。』

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/46089/

地球温暖化の救世主とまではいかないと思いますが、できるこ

とは何でもやるべきですね。

テクノラティプロフィール

|

« MSと富士ゼロックス、「Vista」利用の文書管理システム開発で協業 | トップページ | 携帯、レンジ…電波の危険性、総務省「証拠なし」 »

コメント

 トラックバックありがとうございます。エタノールを混ぜたガソリンが販売されるとは知りませんでした。
ただ、新聞で読んだよですがエタノールは引火点が低いので燃費が余りよくないとか聞きましたが、どうなんでしょうか。でも本当に出来ることは何でもやらないと間に合わないですよね。
プロフィールの中の「Six Degrees of Separation」
6段階の分離でいいのでしょうか。参考までに教えてください。

投稿: mikannohana | 2007年4月 9日 (月) 13時07分

>mikannohanaさんへ
こちらこそ、コメントありがとうございます。
私の知る限りでは、引火点は
ハイオク>レギュラー>エタノール混合ガソリン。
確かにハイオク車にレギュラーを入れると調子悪くなるのと同じように、レギュラーにエタノール混合ガソリンを入れると調子悪くなることが予想されますね。車の性能をフルに引き出すには指定の燃料が一番でしょうが、最近の車はノックセンサーも付いていますし、コンピュータが点火タイミングを調整しているので、日常走る分には問題ないかもですねぇ。
「Six Degrees of Separation」は、おっしゃる通りで「狭い世界」「6次の隔たり」ってことです。"世界は6人の知人の連鎖で繋がっている"というある心理学者の理論です。人類皆兄弟ってことですねぇ^^。

投稿: ふゆ丸 | 2007年4月 9日 (月) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/59830/5987794

この記事へのトラックバック一覧です: エタノール混合ガソリン、27日から試験販売:

» 石油代替え燃料のバイオエタノール [軽自動車に乗ろう!K-CAR情報専門店]
自動車を動かすための燃料として、いままで石油を我々は使ってきましたが、このままでは地球温暖化に歯止めがかからなくなるので、それに替わる燃料を各国また各企業および団体は色々と開発を進めてきた。 その中のひとつにバイオエタノールと呼ばれる燃料があります。 ...... [続きを読む]

受信: 2007年4月14日 (土) 21時32分

« MSと富士ゼロックス、「Vista」利用の文書管理システム開発で協業 | トップページ | 携帯、レンジ…電波の危険性、総務省「証拠なし」 »